気兼ねなく利用することができる

もし自分がお金に困ってしまい、誰かにお金を貸してもらおうとするならば、どんなイメージを思い浮かべるか考えてみてください。全く何も感じないという人も中には居るでしょうが、多くの方は恥ずかしいとか気まずい・情けないといったネガティブな印象を浮かべます。

何かのきっかけで家族や友人にお金を借りなければならないという状況は往々にして起こり得るものです。しかし、その理由が「誰が聞いても同情に値するもの」であれば良いのですが、ついつい使いすぎてしまったとか欲しいものが出来たが手持ちがないからといった理由であれば呆れられてしまう可能性も高くなります。

しかし、そんな時に即日キャッシングを利用すれば誰からの目も気にすることなくお金を借りることができるという点が大きなメリットです。利用するためには審査を受ける必要がありますし、誰もが簡単に利用できると言う訳ではないにせよ、「お金を借りる」ということから連想されるネガティブな印象を気にすることなくお金に関する問題を解決できる手段として即日キャッシングは非常に便利です。その他にも多くのメリットがあるため、ここでは一部ですが即日キャッシングのメリットを紹介していきます。

即日キャッシングについてはこちら

まとまった金額を借りられる

即日キャッシングを初めて契約する人が融資を受けられる金額は、通常の場合だとおおむね50万円以下になります。預金が十分にあることを証明するとか高収入を得ていることを証明するといったことが出来れば、初回契約時から100万円を超える金額を融資してもらうことも可能です。最近では最大で800万円や1,000万円までの貸し付けが可能な即日キャッシングも多数登場しているため、およそ個人が必要とする金額は十分に即日キャッシングで対処することができると言えます。

そのような高額な融資ではなくとも、50万円ほどの融資枠を貰うことが出来れば贅沢をしない限りは数か月の生活費として充てることもできますし、自動車などの高額な買い物をする際の頭金として使うのにも十分な金額と言えます。仮に初めて契約した段階では貸し付け上限金額が少なかったとしても、その中で借入~返済を繰り返していくことで限度額はアップしていきます。健全に利用していれば数か月で増額が実現する可能性も高いため、「とにかく契約出来れば金額的な余裕は増やせる」という点もキャッシングのメリットと言えます。

ただし、高額融資を希望する場合には収入証明などが必要になるため、事実として申告できる環境でなければならない点に注意して下さい。

いつでもどこでも利用できる

初めて即日キャッシングを契約する際に選択できる方法は、WEB申し込み・郵送・電話・窓口・無人契約機と様々なものから選べるという点も即日キャッシングの大きなメリットと言えます。また、WEB申し込みなどを選択することで「誰にも会わずに契約まで完了させることができる」というメリットもあります。これはどの即日キャッシングであっても同様と言う訳ではないのですが、その他の方法であっても「いつでもどこでも簡単に利用することができる」状況です。申し込みはWEBで行い、最終的にカード発行や借り入れは無人店舗を利用するといったことも可能なため、非常に臨機応変な方法が可能です。

また、一度契約してしまえばその後は日本全国どこからでも時間を気にせずに即日キャッシングを使うことができるというメリットもあります。今やほとんどのコンビニATMが提携しているため、借入も返済もそこで行うことが可能です。自分の銀行から現金を引き出すのとほとんど変わらない手続きで完了できるため、人目が気になる方でも安心できます。コンビニがないという場合でも、インターネットバンキングを利用すればインターネット環境さえあればどこからでもリアルタイムで手続きを行うことができるというメリットも兼ね備えています。

余計な費用が必要ない

例えばクレジットカードの場合、即日キャッシングと同様にキャッシング枠が付いている場合が多いのですが、中には「年会費」が必要なものもあります。そのような場合、もしキャッシングを利用したとすれば契約上の金利の他にも年会費などの諸費用分も金利として計算する必要が出てきます。それほど高額な年会費が必要になるという状況は少ないですが、確実に負担は増えることになります。

しかし、即日キャッシングであれば年会費が必要になることはまずないため、契約上の金利がそのまま実際の金利になるので管理が楽です。また、実際に借り入れをしている状況であれば利息が発生してきますが、これはあくまでも「借りたお金に対する手数料」ということになります。1円も借り入れがない状態であれば費用は全く発生しないため、余計な負担を心配せずに契約できる点は大きなメリットです。

その為、あらかじめ余裕のある時に契約だけしておいて必要になった時に使えるようにしておくといった方法も可能です。実際にピンチになってしまってから焦って契約するよりも確実性が高くなりますし、カードを持っているだけならば何の負担もないというメリットを十分に生かせる方法です。万が一の時に頼れる保険があるというのは、精神的にも大きなメリットになります。